進学塾の特別講習

塾では、通常の授業、長期休暇中の特別講習に於いて、それぞれ予習、復習が中心の講義が展開される傾向にあります。
その内、春や夏、冬といった休み期間中に開かれる講習は、今まで学んできたことを総ざらいして、新学期に備えたり、子どもの遅れを取り戻したりするために役立つでしょう。
特に、それらの長い休み中には、学校の授業がストップし、多くの自由時間があるために、集中的に復習をするのには適しています。


ただし、通っている塾で特別講習が開かれるからと言って、ただ漫然と参加するだけでは、高い学習効果を望むことは難しいでしょう。
それらの講習への参加はもちろんのこと、塾や家庭教師などの受験産業の利用に関しても、子どもの特性を考慮した上で、適切な判断をすることが大事です。


例えば、塾の中でも、マンモスクラスで、一斉授業をするところでは、周りに数多くの相談相手やライバルが存在し、勉強をする上で、お互いに協力し合って問題を解決したり、点数や成績を競ったりすることができるという利点があります。


ただし、その種の進学塾では、生徒一人ひとりの特性を見抜いたり、それぞれに合った指導方法を実践したりすることが難しいという問題点も存在します。
そういった事情から、勉強がとりわけ遅れていたり、弱点分野が多かったりすると、授業についてゆくことができず、学習効果の低まるおそれがあります。
このサイトでは、塾で開かれる特別講習に関して、詳しく説明します。



◎特集
難関校への合格を目指す生徒が集まる湘南ゼミナールアルファのサイトです →→ 湘南ゼミナール | アルファ

Copyright © 2014 受けてる?進学塾の特別講習 All Rights Reserved.